忘れはしない時と唄

09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

TB: --    CM: --    

【小説】素敵な靴 

俺はその靴を。

胡散臭い場所で、うさんくさい奴から買うハメになった。






『素敵な靴 売ります』
 寂れた商店街の隅。それはボロボロになった白画用紙に、黒のマジックで走り書きされていた。

 仕事で外回りをしている中、太陽は天中高くに留まり、俺を見て高らかに笑っているようだ。
 あまりの暑さに、俺の身体は体温を下げようと必死に汗を搾り出す。
 額と首筋からは拭っても拭っても汗が噴き出し、時折吹く風に歓喜の叫びをあげていた。
 暑い……喉が渇く……
 日陰を求めて商店街へと入り込んだ俺は、その奇妙な露店を見つけたのだ。
 赤い、長方形のフェルト生地に似た布の上に、何足もの靴たちがお行儀よく整列をしている。だが、どれもこれも古びてくたびれた物ばかりだ。
 素敵な靴だって? 一体どこにそんなものがあるんだ。そもそも、いくら売り物に自信があったとしても、そんなこと書くか? 普通。変な店だな……
「いらっしゃいませ……」
 びくりと肩を震わせ驚いた。店主の姿が見当たらないと思っていた矢先、後ろからしわがれた男の声が聞こえてきたのだ。
 もしも振り向いて人が立っていなければ、俺は間違いなく幽霊の声を聞いたと勘違いしただろう。それほどまでに低く、か細い声だった。
 声の主――この店の店主は俺のすぐ後ろに立っていた。いや、佇んでいたといった方が正しい。影を背負ってぴくりとも動かない。さながら、出来の悪い彫像のようだ。
 この暑い中、色あせた茶色のロングコートを着込んだ男。頭髪は白一色。艶感は全くなく、ボサボサとして頭が必要以上に大きく見える。鎖骨まで伸びた毛先は、ここからでも枝毛を五本も見つけられるほど痛んでいた。
「どのような靴をお求めでしょうか……」
「や、俺客じゃないんで」
 言ってる傍から男は自らの痩せ細った手で、一足のくすんだ黒い革靴を手に取った。
「お客様にはこちらがお似合いでしょう……」
「いや、だから俺客じゃねぇし」
「三万円になります……」
「はぁ!? こんなボロい靴が三万もすんの? 高けーなおい」
「『素敵な靴』ですので……それほどの価値はあるかと……」
「あっそ。でも俺は」
「三万円になります……」
 有無を言わさぬ乱暴な押し売りに、俺はかなり腹が立った。が。
 素敵な靴、か……
 そう言われて、ちょっと気になる俺も俺なのか?
 こんなボロい靴に、一体どんな素敵なことが隠されてるっていうんだ?
 ちょうど、昨日スロットで五万プラスだったしな……話のネタに、ちょっと買ってみるか。何かあったら、クレームを付けて返せばいい。こんな店主だ。こっちが強気で押せばいけるだろう。
「ちっ。いいよいいよ。どうせこんな所じゃ商売あがったりなんだろ? 買ってやるよ」
「お買い上げありがとうございます……」
 こうして俺は奇妙な店から『素敵な靴』を購入。
 どう素敵なのかは履いてみれば分かると言った。何か含みのある言い方だったのが気になるのだが……

 暑さに耐えきれず、俺は近くの公園に向かった。
 公園の中央には涼しげな音を立てながら水を散らす噴水がある。その傍らにベンチがいくつか。
 この時間、この暑い中で昼食をとる者は少ない。案の定、俺と同じ人生を歩んでいるようなサラリーマンが一人、日陰になったベンチに寝転がっているだけだった。
 途中で立ち寄ったコンビニで水を買い、それを一気飲みする。そうしておもむろにベンチへ腰を下ろした。
 日陰となったそこは、風向きによっては噴水の水しぶきが飛んでくる。こういった日には特等席となるベンチだ。
 さて、と。
 使い回しているのだろう。某百貨店のビニール袋に、先ほど購入した靴は無造作に放り込まれていた。
 俺はそっと取り出すと、一通りその靴を確認した。
 特に変わったところはない。強いて言えば、かかとが擦り減っている気がする。やっぱり騙されたか?
 いやいや。まず履いてみないことには始まらないだろう。
 俺は足に馴染んだ茶色の革靴を脱ぐと、手に持った黒の革靴に履き直した。

 ……
 …………
 何も起こらない。

 立ち上がって数歩、干上がった地面を踏みしめるように歩いてみた。だが、やはり何も起こらない。
 俺は視線を落として、そのくすんでくたびれた靴を睨みつけた。
 どこが『素敵』なんだ? ただの使い古しの靴じゃないか。三万も出した自分を今更ながらに呪う。
 奥歯を噛み締め、返品しに行こうと踵を返したその時――

 ?
 足が<もぞもぞ>と違和感を覚えた。
 俺は視線を落として、あっと小さく叫び声をあげた。
 靴の側面に、白い羽が生えていたのだ。
 それは必死に羽ばたこうと、自身の白い羽をばたつかせていた。
 そんなに小さな羽では、俺の全体重を持ち上げることは不可能なのだろう。それでも渾身の力を振り絞って、大空へと飛び立とうともがいていた。
『素敵な靴』
 そうか、この靴には羽が生えるのだ。そうして、空を飛べるというのだ。なんて素敵な靴なんだ!
 ただ、どうもがいても一ミリたりとも浮かびそうにない。俺、そんなに重いのか……?
 さすがに可哀相に思えてきた。
 俺は再び、傍らのベンチに腰を下ろした。靴に少し休憩してもらう為だ。
 すると。

 靴は急に体重が軽くなったことに驚く間もなく。
 小さな羽を精一杯広げて。
 あの広大な青空に向かって。
 羽を羽ばたかせたのだ。
 俺の足から逃れるように――

 その靴はどんな鳥よりも力強い羽ばたきで大空を飛んでいった。
 俺の三万が飛んでいった……





-了-
スポンサーサイト

カテゴリ: ショート

[edit]

TB: 0    CM: 31   

コメント

クスっと

最後の一文に思わずクスっとなりました(笑)
そしてめっちゃ頑張る翼が可愛いです(*´∀`*)
3万はデカいよ3万は!!憐れなり主人公…!

かいり #H6hNXAII | URL【2011/06/02 18:53】edit

>かいりさん♪

三万円はでかいです!!><
憐れなり主人公よ。見事な騙されっぷり(?)です。ぷぷ。
さて、靴はどこへ飛んでいったんでしょうね…

こちらまでコメントをありがとうございました♪嬉しいのです~^^

chacha #- | URL【2011/06/03 00:11】edit

No title

痛い3万円ですね。
というか返品も不可!!・・・な靴ですね。
ある意味それを意図した詐欺みたいな靴ですね。
それで商人のところへいくと、もういない・・・みたいな感じなんでしょうね。

LandM(才条 蓮) #19fPlKYU | URL【2011/06/13 08:42】edit

>才条 蓮さん♪

あいたたた~なのです@@;
これはきっと、店主の目論んだ罠なのです。そう、返品なんてもってのほか!(笑)
才条さんもこんな店を見かけたら、気をつけてくださいね☆ ←

再び訪問をありがとうございます^^
私も伺いたいのですが…なかなか思うように時間がとれません;;
時間、ある時はたっぷりありますので(笑)これからも、ゆっくりお付き合いお願いしますね♪

chacha #- | URL【2011/06/13 12:20】edit

こんにちは(*´∀`*)ノ

またお邪魔してしまいました^^;

靴に翼が生えた辺りで、ああ、そういう靴なのか‥‥と納得したのに‥‥
最後の一行が秀逸でしたwww
飛んでいった俺の三万円www

多分、「ちくしょー、テメー、靴飛んでっちまったぞ!」と文句を言いにお見せに戻ったら、同じ靴が自分で飛んで戻ってきてて、「いえいえ、お客様、これは別の素敵な靴でございますよΨ(`∀´)Ψケケケ」とか‥‥www
余韻がいつまでも残る感じのお話です。
ふとした拍子に思い出して、クスッとしてしまいそうですwww

土屋マル #- | URL【2011/06/24 12:37】edit

>土屋マルさん♪

返信大変遅くなりました><
いつもコメントをありがとうございます♪

この靴…素敵とうたってますが、立派な詐欺靴ですよね。えぇ。
そうなのです。文句を言いに行けばおそらく、同じ靴が置いてあるか(笑)、あるいは店ごとなくなっているか…

胡散臭いと感じた場合は、その直感を信じることが大事ですというお話です。(そうなのか?

マルさんのコメントは、何だか読んでて嬉しくなっちゃいますね^^
ありがとうございます♪

chacha #- | URL【2011/06/27 12:47】edit

今晩は♪

楓さんが「こんなのもありますよ」とオススメしてくださったトーナメントに、chachaさんの可愛いひまわりワンコが!!

おおっ♪これはまだ読んでないわ、と駆けつけました~!!
ふふふ。

お店に戻る、という説が多いみたいですが。
私としては主人公のマンションのベランダに。翌朝、停まって(?)いてほしい(笑
巣箱ならぬ、靴箱に寝泊りして、毎朝出勤と同時に空に放す。
ああ、変な妄想が…。

三万円。
もっと高い靴だと、なんだったんだろう~とか。
楽しいお話でした!

らんらら #- | URL【2011/07/25 23:03】edit

>らんららさん♪

そうなんですよ~!こっそり参加中でした(笑)
でも。楓さんも参戦してて…おぉっ!と。
よりにもよって、こんなシュール作品で挑む私も私なんですが^^;
こういったの、初めて参加するので♪心から楽しんでみます☆

で。この靴。
らんららさん、いいですね~!その発想^^
主人公、お店に戻ると誰も何もなくなってて。しょんぼりして帰ったらあの靴が家にいて…
お、おまえ!とか最初は怒ったりなんだかんだで。
でも。最終的にはその靴に情が移って、鳥を飼うように靴を飼う。みたいな?そんな感じでしょうか??^^
あ~その発想はなかったので、楽しいですっ♪ありがとうございます☆

もっと高い靴なら…
ちゃんと空を飛べたかもしれません(笑)

こちらにまでコメントをありがとうございました^^

chacha #- | URL【2011/07/28 12:40】edit

chachaさん♪

トーナメントって、投票の仕方がわからないのです~(@@;)
時間が短いし!!!
いったい?どうするば?
いや、どうすれば?
教えてください~!

おお、楓さんも出てましたね♪
みんな頑張れ~(^∇^)/

らんらら #- | URL【2011/07/28 12:50】edit

あ、わかった!

chachaさん。
…わかった…ような気がします…。
でも、「この人を応援」というのが、難しい作りでしょうか。
自分の中で全部読んで、順位決めて?なのかな。
どこかにまとめて投票できるページが出るのでしょうか…。

時間が、ないのに…。
くすん。

とにかく、がんばってみます…

らんらら #- | URL【2011/07/28 13:24】edit

No title

chachaさん、このお話で記事トーナメント参加ですねっ?
くっそ~、私も参加すればよかった、すごい楽しそうだ‥‥orz

これって、VSのもう片方を見比べて、好きな方に投票するかたちでよいのでしょうか?
そして残った方がどんどん勝ち残っていく(トーナメントだから当然だ、何言ってんだろ私w

応援してますよ~!
頑張って(*´∀`*)ノ

土屋マル #- | URL【2011/07/28 13:58】edit

>らんららさん♪

二つのコメントにまとめて☆
実は私もルーキーなもんで、よくシステムをわかっておりません(笑)
楓兄さんならわかるかもです。楓兄さーーん!!←

気が付けば、もう二次審査に入っておりました@@;
でで。なんとか残っておりました!ビックリです!こんなギャクショート(笑)
順位、実は気にしてないのです。なんだか面白そうだなぁと思って参加してみたので^^
色んな作品があって、なかなか勉強になりますね。うん、みんな書いてるなぁ~!燃えてるな~!

らんららさん、ありがとうございます^^
今度は是非とも、一緒に参加しましょうっ♪

chacha #- | URL【2011/07/29 12:35】edit

>土屋マルさん♪

こんにちわ~^^
はい、この作品で参戦してみましたよ♪
うーん、もっとマジメな作品の方が良かったのかな…なんてドキドキしている私はやっぱり小心者(笑)
おそらく、マルさんがおっしゃる通りのシステムなんじゃないかと。
なので、VS相手でその後が決まるんでしょうね。ランダムだろうけれど、上手い人ばっかりだ@@;

登録して、あとは運任せのような感じだから。参加するのはとっても楽しかったり^^マルさんも是非とも次回は!
応援ありがとうございます~♪また結果ご報告しますね☆

chacha #- | URL【2011/07/29 12:40】edit

呼んだ?

投票の仕方っすか?
chachaさんのトップページからトーナメントのページに飛ぶ。
ただいま投票を受け付け中です。対戦一覧表。っていうリンクから対戦一覧画面に飛ぶ。今なら三回戦ですね。
それから、トーナメント投票ページに飛ぶ。
あとは「こっち!」と思う方をクリックじゃ!!笑

対戦はランダムでしょうね。参加表明順とかそういうことでもなさそうです。
さあさchachaさん、お互いどんどん勝ち残りましょう♪

楓 #u2lyCPR2 | URL【2011/07/30 00:19】edit

>楓さん♪

呼びましたよ~わーい♪
来てくださってありがとうございます^^
そして…ふんふん。なるほど。そういう仕組みでしたか。(いまさら?
私もポチリ、ポチリと押してはいますが…さて。どうなるんでしょうね^^;

でも。
私の夢は楓さんとVSになること!
楓さん、ブログのエントリーでは準優勝だもんなぁ…
でも、一度並んでみたいです^^ふふっ♪
今回の相手。私はちょっと不利ですよ~@@;あぁ、明日が怖い(笑)

楓さんも応援してますね!頑張りましょうっ♪

chacha #- | URL【2011/07/30 17:54】edit

ごめんね

chachaさんと戦う前にさくっと負けちゃった。てへ←
目指せ優勝!
応援してます。
また機会があったら勝負しましょう♪

楓 #u2lyCPR2 | URL【2011/08/01 17:07】edit

ついに、決勝なんですね!!!

すごい~♪
楓さんは残念だったのだけど…(むむむ…)
chachaさんが残ってくれてほんと、うれしいです♪
アクセス数がすご~く伸びていて。
みなさん、決勝まで様子を見ていて、おお、これか!?
みたいに訪問されるんでしょうか(^∇^)
もっと来て、もっと読んで~♪って感じですね!

結果を楽しみにしています♪
ハッピーをもらいに、今から行ってきます~♪

らんらら #- | URL【2011/08/02 12:03】edit

>楓さん♪

えぇぇぇ!?
楓さんのコメント読んで、びっくりして飛んでゆきましたら。
もう決勝戦!しかも…の、残ってました!@@;
いや~でもですね。きっとあれだ。こんな風に私、宣伝しちゃってましたから^^;
ちょっとズルでしたよね。仲良しの方からポチ貰ったかもしれませんし^^;
反省です…

今度またエントリーありましたら、こそーり参加して競い合いましょう♪^^
その時は新作でも引っ提げてエントリーしてみようかな♪

結果はまた、明日見ることにしようっと(笑)←小心者

chacha #- | URL【2011/08/02 12:38】edit

>らんららさん♪

つつつ、ついに決勝戦らしいですよーーー!ビックリですよー><
自分ではあんまり覗いていなかったので^^;
投票って、毎日あったんですね…ちゃんと読んでいなかったです(汗

アクセス数、私も驚きました!ふわ~!ありがたや~><。
でも、今更新がストップしているから。「なんやこいつ、やる気ないなー」と思われるのがオチかもですが…@@;

が、がんばろうっと。←

私も明日まで結果を待ちたいと思います^^
今度はらんららさんも是非♪(あれ、これ前も書いたか?^^;
ありがとうございました~☆

chacha #- | URL【2011/08/02 12:43】edit

やったやん♪

おめでとです♪
僕に勝った方を相手にしての優勝。完敗です。
素晴らしい!

楓 #u2lyCPR2 | URL【2011/08/03 00:37】edit

No title

chachaさん、短編小説トーナメント優勝!!
おめでとう~ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
すごいです!
とりあえず朝イチでお祝いに駆けつけましたっ(*´∀`*)ノ
いや、めでたいっ♪


pcが調子悪い、と他コメントでお伺いしましたが、大丈夫ですか?
原因は何も思い当たらないのでしょうか。
私もこの前突然pcがブラックアウトしてしまって、電源ついてて各ボタンは光っているのに画面だけが無反応になってしまいました。
結局その時は、pcにすでにウィルスチェックソフトが入っているのに、新しくフリーソフトのウィルスチェックソフトをインストールしたことが原因でした。
chachaさん、そんな感じで新しいソフトをインストールしたりは、していませんか?
セーフモードでpcを立ち上げることも無理ですか?
カスタマーサポートみたいな電話で質問できるところがあるなら、一度電話してみるのもいいかもしれません|ω・`)
もしかしたら、直る、かもっ!

復旧を待っていますよ~( ´・ω・`)ショボーン
頑張って(泣

土屋マル #- | URL【2011/08/03 09:17】edit

やった~♪

おめでとうございます!!
うふふ。
もちろん、ちょっぴりひいき目での応援ですが、
ちゃんと対戦相手を読んで決めたのです♪
ぐんとひきつけられて、面白味があって。
chachaさんの魅力の勝利ですね~♪
楓さんも残念だったのだけれど、短編というには少し長く感じられてしまったのかもしれない。うん。

ところで♪
chachaさんも、楓さんもトーナメントで素晴らしい成績を残したということで、勢いに乗ってファンタジー小説プロローグ、というトーナメントを立ち上げてみました♪
条件を緩めにして。
自分のは、まあ立ち上げた責任上参加していますが、どうでもよくて。(←大体において、長すぎる…^^;)
chachaさんとか、楓さんとか、皆さんに楽しんでもらいたいなぁ~♪
いろんな作家さんが集まるのが楽しみです♪
ぜひぜひ、参加してみてください♪

想子 #- | URL【2011/08/03 12:49】edit

>楓さん♪

うひゃー!!ありがとうございます~♪
優勝だなんて…ふ、ふふふ。何だかこそばゆい(笑)
でも。これだって運ですもんね。そして宣伝効果だと未だに思っておりますが^^;
うん♪楽しかったです^^

あれ?らんららさんが新たなトーナメントに参加してますね!
う~ん、参加しようか迷う~♪
楓さんはどうするんですか??^^

chacha #- | URL【2011/08/03 12:49】edit

>土屋マルさん♪

うわーい♪ありがとうございます~!!^^
朝イチ駆けつけ、かなり嬉しいっ♪わっしょいわっしょい躍っちゃうね、こりゃ♪←
でも本当、まぐれだと思うんですよ~><
でも素直にヤッター!なのですが(笑)

PCの件、ご丁寧にありがとうございます♪
そうか、ふむふむ。と納得する部分があったり…(笑)ちょっと帰って試してみようと思います^^
早く家のPC復旧して欲しいし!うん、頑張るぞ!

chacha #- | URL【2011/08/03 12:53】edit

>想子さん♪

うふふふ~♪もう、朝からにやけちゃいましたよ^^
いやほんとに。運が良かったんです。もうもう、ポチに恵まれていました><
嬉しいお言葉と共に、応援本当にありがとうございました♪

さてさて!早速エントリーされてましたね♪
しかも。らんららさんが立ち上げたんですかっ!オドロキ~@@;
どうりで、説明文が優しい文体だなぁと感じたわけです(笑)

私も参加してみます^^
完結してませんが、いいですよね…?どきどき☆

chacha #- | URL【2011/08/03 15:20】edit

わ~い♪

おめでとうございます、chachaさん!
実はブログ村に登録していないので、こそこそとお二人を応援していました^^
ブログ村って、凄いですね。
色々な機能というか、楽しみ方が合って。
なので、登録してきます~。
今度は、こっそりと私もらんららさん立ち上げのトーナメントに入り込もうかと(笑
参加することに意義があるっていう勢いで(笑


素敵な靴。
素敵な笑いをありがとうっ!
皆さんが言ってらっしゃいますが、「最後の一文」にぷぷっと笑わせていただきました(笑
そしてそして、主人公の男の人が可愛いっ。
「俺、そんなに重いのか……?」
そこ? 気になるとこそこ?(笑
なんかもう、主人公に惚れましたv-10

あぁ、でももし私だったら、三万円の切なさをかみ締めながら、やけ食いしてもっと散財しちゃうんだろうな(笑

とても素敵なお話、ほのぼのと笑わせていただきました^^

kazu osino #7av6LuR2 | URL【2011/08/03 20:02】edit

>kazuさん♪

ありがとうございます~~!!;;
本当、自分でも驚きなんです!ままま、まさか優勝をいただけるとは!><。
きっとkazuさんの温かな応援が実を結んだんだ!きっとそうだ♪
本当にありがとうございます;;

で。私もらんららさんの立ち上げたトーナメントに参加してみましたよ~^^
完結していないけれど。かなり更新ストップ中だけれど(笑)
しかもプロローグ短いし@@;
うーん。自信はゼロです!(笑)
でも、みんなで集えたらサイコーに楽しそうなので♪ふふっ^^
kazuさんも参加ですか?もしや新作で??それとも相馬たちの方かな?楽しみです♪

そして。この作品。
笑っていただけて何よりですよ~!目指せコメディだったものですから^^
主人公、可哀相ですよね…うん。三万の靴が飛んでっちゃうんだもの(笑)
あ、でもですね。私はきっとkazuさんタイプです♪散財しちゃうしちゃう^^ぷぷぷ☆もーやけになっちゃうだろうから♪

主人公のことも可愛いと言っていただけて嬉しかったです☆
ありがとうございました♪

chacha #- | URL【2011/08/03 23:32】edit

イイハナシダナー

素敵な靴…なんてこったー
飛んで消えて三万も消えたv-12

あぶく銭で買った靴だし飛んで消えたという比喩もあるようで捻りを感じるv-237

優勝作品ということで納得です。
いい短編でした。

恋町小路 #4vTGfxN. | URL【2011/12/11 09:17】edit

>恋町小路さん♪

初めまして^^
作品を手にとってくださり、ありがとうございます☆

うふふ…本当、ミラクルが起こりましたよ、嫌な意味で(笑)
三万…三万は大きいのですが。でも結局ギャンブルで勝ち得たお金だったわけですし(ひどい?笑)
あっさり、すっぱり飛んでいっちゃいました^^
何だか作者よりも深く読み取っていただけている辺りがとても嬉しいのです♪

コメントまで本当、ありがとうございました^^

chacha #- | URL【2011/12/12 12:34】edit

はじめまして。
「三流自作小説劇場」のヒロハルと申します。
私のブログにご訪問ありがとうございました。

こちらの作品、優勝されたということで、楽しみに読み始めました。何が起こるかワクワク、ドキドキ。

羽が生えたときは「割とよくあるかな」と思ったのですが、最後の靴だけが飛んでいったオチは最高でした。笑。

文章もとてもお上手なようですので、また他の作品も読ませてもらおうと思います。
ありがとうございました。

ヒロハル #- | URL【2012/01/14 12:36】edit

>ヒロハルさん♪

はじめまして^^
先日は、読み逃げのような形となってしまいまして申し訳ありません;;
わざわざ足を運んでくださり、しかもコメントまでくださりまして本当にありがとうございます☆

こちら、優勝作品と豪語しておりますが…本当にまぐれのような優勝ですので^^;
ヒロハルさんをガッカリさせるような形にならなかったことだけが救いです(笑)良かった!

本当は主人公、空を飛ばせてあげても良かったんですけど…うん、ちょっと店主との対応がよくなかったので。←

本当にありがとうございました^^
また後日、お礼を兼ねて伺わせていただきます♪

chacha #- | URL【2012/01/15 15:52】edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chachanoblog.blog59.fc2.com/tb.php/7-65698cde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。