忘れはしない時と唄

04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

TB: --    CM: --    

【小説】親指スマイル 『おまけのスマイル』 

誰にも負けないくらいのスマイルを。

これから先、二人でずっと笑いあっていこう――




 家に戻ると、居間で義母が俺の帰りを待っていてくれた。
 テレビにはバラエティ番組が映し出されていて、賑やかな笑い声が部屋に響き渡っている。

「あら、おかえりなさい。今日肉じゃが作り過ぎちゃって、うちから持ってきたのよ。ゆきなちゃん、もう食べちゃったから」

 テレビの音量を少しだけしぼり、義母はよいしょと腰を上げる。

「お鍋に入ってるから、温めて食べてね。私は帰るから」

 微笑む彼女に俺はお礼を言いつつ玄関まで見送った。義母の家は、ここから徒歩一分もかからないご近所さんなのだ。
 靴を履き終えた時、そうそうと思い出したかのように義母は口を開く。

「ゆきなちゃん、今日は一段と動き回ったのか六時半には寝ちゃったわよ」

 玄関の壁に掛かる時計を見ながら教えてくれた。時計は七時四十分を指している。早寝だな、ゆきな。風呂には入ったのか?

「それじゃあ、また明日ね。おやすみなさい」

 ふっくらとした手を振りながら扉を閉める。
 その手のひらに、小さく描かれたスマイリーに俺は気がついた。が、わざわざ引き止めるほどでもない。俺は一人、心のうちで微笑んだ。

 ゆきなの顔を一目見ようか迷ったが、俺は先に風呂と晩飯を済ますことにした。後でゆっくり眺めに行こう。彼女はぐっすり夢の中だ。今は邪魔したくない。
 上着を脱いで、そういえば明日クリーニングに出した上着を取りに行かなきゃなと考えつつ、風呂場へと向かう。
 追い炊きボタンを押した後、ネクタイを外して一息ついた。

 明日はちゃんと朝飯を用意しよう。
 ゆきなの髪も可愛く結ってあげよう。
 そうして、いっぱい笑いかけよう。
 そう自分に約束をしながら。

 そんな和やか気分に水を差したのは、鼻をつくツンとした臭い。
 出所は俺の二日間履き続けた靴下のようだ。営業マンはそれほどまでに歩き回り、足の裏に汗をかく。
 さっさと脱ぎ捨てて洗濯機へ放り込もう。そう思って右足を脱ぐと、俺は慌てて左足も脱いだ。
 改めて凝視すると、不覚にも俺は一人脱衣所で声を上げて笑ってしまった。そうして、次の瞬間には踵を返していた。向かうはゆきなが眠る寝室だ。

 今は何よりもまず、ゆきなの顔を見たくなったから。


 階段を駆け上がる俺の足の先っちょで、二つのスマイリーが笑っていた。







スポンサーサイト

カテゴリ: 中編

[edit]

TB: 0    CM: 8   

コメント

ゆきなちゃん、さすがっ

どもです、chachaさん~^^

ゆきなちゃん、かわいいっ!
手の指に親指に。スマイリー効果倍増ですね^^
きっと靴下を履き続けた二日間、親指のスマイリーは臭いに苦笑しつつ、笑ってと、ニコニコし続けたんだろうなぁ。
なんて、足の親指スマイリーの気分になってしまいました(笑

すごくすごく、ほのぼのしてて。
しかもすっごく笑えて、普段の自分を考えさせられる素敵なお話でした^^
私も笑おう! 怒ってばっかいないで←!

kazu osino #7av6LuR2 | URL【2011/07/29 10:43】edit

>kazuさん♪

うふふ~^^
さすが、ゆきななのです♪そこにもあったか!的な感じでしょうか(笑)
そうなのです。実は手だけじゃなかったというオチで。ラッキースマイル効果はかなり高かったらしく…
うん、でも確かに。足の方のスマイリーは臭くて臭くて大変だった気が…可哀相に(←他人事

ほのぼの、嬉しいお言葉です♪目指していたことだったので^^
やっぱり、一人称って楽しく書けるなぁなんて。今の長編どうする気だという発言をしてみたり(笑)
読んでいただけて、本当に嬉しかったのです♪
こちらこそ、ありがとうございました^^

笑ってくださいね~!でも、怒ることも仕方ないのですよ~!^^←

chacha #- | URL【2011/07/29 12:54】edit

ふふふ~(^∇^)

可愛い~!!
足の先っちょ♪
ほんとに素敵なお話だった~
昼休みにお弁当食べながら、
『暑いなぁー』みたいなふりをして、
こっそり涙をふく私…(←弱いんです、こういうお話~)
chachaさんの小説は、こころがほっこりして、温かくて。
大好き~♪
振り返ってみれば、幸せな日々。
うんうん。
こうして、ブログで皆さんと再会できて、作品読めて♪
サイコーです!!

らんらら #- | URL【2011/08/02 12:17】edit

>らんららさん♪

いつも読みに来ていただいてて、ありがとうございました♪
ごめんなさい。実は私の家のPC、調子が悪く…
携帯からちょこちょこ覗いてはいたのですが、やっぱりPCの方が読みやすいしコメント残しやすくって。
また仕事の合間にちょこちょこ読んで(笑)、こそーりとコメント残しにゆきますね♪^^

PCの方は近々買い換えようと目論んでおります。えぇ。

でで♪
本当に、このお話にお付き合いくださってありがとうございました^^
涙流してくださるなんて!嬉しいです~♪
私はいつもいつも、らんららさんの作品で涙流しっぱなしだったので(笑)ちょっとでもお返しが出来て本当に嬉しい♪←

ほっこり、優しい作品なら、らんららさんには敵いませんぞ~!
でも。そのお言葉いただけて、私は幸せ~なのです^^
本当に、またこうして昔のように皆さんと再会出来たことが私もとっても嬉しい♪
サイコーだぁ!!(笑)

chacha #- | URL【2011/08/02 12:49】edit

思わず一気読みしてしまいました。
短いお話でここまで泣いたのって、初めてかもしれない‥‥。
すっごいすっごいイイお話でした!

スマイリーのおまじないに隠された、「パパ、笑って」のメッセージ。
主人公の、奥さんを亡くされた痛みと、ゆきなちゃんへの愛と、毎日を頑張って働く姿‥‥。
上手く言えないのですけど、優しさが胸に染みました。
あたたかいきもちでいっぱいです~。
まじ泣きした自分が恥ずかしい><

小さな言い回しひとつでも、案外その人が自分をどう思っているのか、わかる(あるいは勘違いする)って、現実にも多いと思います。
だからこそ、自分から笑わなくちゃ、ってことですね!
読んだ人を元気にしてくれる、本当にいいお話でしたっ。

うわーん、何かスイッチ入ったのか、まだまだ泣ける‥‥。
また来ます~。

土屋マル #- | URL【2011/12/25 15:07】edit

>土屋マルさん♪

すごーくすごーく返信が遅くなりましたっ!!><
本当にすみませんです!;;

そして。一気読みとは!感動なんですけどっ!!きゃーっ☆
マルさんのお涙いただいちゃいました♪嬉しいのです、えへ^^←

このお話はですね。完結した作品の中では、私にとってもなかなかの長さで(長いお話苦手。汗)
自分自身思い入れのある作品でもあるのです。
といっても、まだまだ短い部類なんですけれど。原稿用紙でいうと60枚いかなかったと思います。

最初はコメディを中心とした、ほのぼの作品を目指していたんですが…
なんだか、やっぱりちゃんと親子愛を描きたいなと思いまして^^
だから本当、マルさんのお言葉がとってもとっても嬉しいのです~!私こそ、マルさんのコメントで泣けてきちゃいましたよ;;(笑)

色んな人もいて、色んな困難がふりかかる現実ですけれど。自分の考え方一つで、捉え方一つで、物事や見えてくる世界が変わってきたりするものですから^^
そんな想いを込めて、でした♪

素敵コメントを本当にありがとうございます^^
マルさんのそんな温かく優しい言動が、私の活力となっているのですよ~!
いつもお世話になっております♪(笑)
バタバタしていてここのところブログを開くことすら出来ていませんでしたが><

どうにか年内にはご挨拶しに行かなきゃなのです♪
では、また後ほど~^^

chacha #- | URL【2011/12/28 12:49】edit

笑顔って、本当に大切ですよね。

失敗して時なんて、特に大切。
がっくりして落ち込んだままでいると、負の連鎖が起きてしまうんですよね。

だからいつも「失敗したときこそ笑う」と心がけていますが、いつもそれができません。笑。
結局、ズルズル引きずっています。

でも、指にスマイリーを書いておけば、それもなくなるかもですね。隠すのに必死になるかも。笑。

ほのぼのとした、絵本にもできそうな心温まるお話でした。
素敵なお話、ありがとうございました。

ヒロハル #- | URL【2012/09/14 13:32】edit

>ヒロハルさん♪

コメントありがとうございます^^

そうですよね、笑顔って本当に大事です。
やっぱり周りから見ても、いつもニコニコしてる人って好感が持てますし、本人もとても幸せそうだからいいなぁと。
失敗して辛い時こそ、笑顔。私も心がけているんですが、なかなか難しいことです。えぇ@@;
いかに自分を騙すかがポイントなんでしょうね。笑うことによって、自分は全然大丈夫なんだって思い込ませるというか…(笑)

ほのぼの、嬉しいお言葉です^^
こちらこそ、お読みくださりありがとうございました☆

chacha #- | URL【2012/09/15 09:43】edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chachanoblog.blog59.fc2.com/tb.php/38-72875cdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。