忘れはしない時と唄

07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

TB: --    CM: --    

【小説】親指スマイル 『二つの再会』③ 

歌を単なる歌と思えばそれまでだ。

歌の意味を考えることも大事なわけで……





「ママ、早くおばあちゃん家に行かなくちゃ」

 けいくんの言葉で俺は我に返った。そうねと頷きながら、彼女はこちらを伺うように微笑んだ。

「あの……本当に、色々とすみませんでした」

 菓子折りを差し出して頭を軽く下げてくる。俺はかぶりを振った。

「いえいえ、なんかこっちこそすみません。重い話を初対面の方にしてしまって」

 でも。俺は続ける。

「さっきの言葉がちょっと嬉しかったんです。不謹慎ですみません」

 恋愛は一人でしているものじゃない。誰かがそう言ったことを思い出した。二人のことは第三者に相談したところで、結局解決するのは当事者である自分たちなんだと。
 だから、嬉しいことも悲しいことも、二人で分かち合ってきたんだ。
 ゆきなの成長を嬉しく思うのは俺だけじゃない。離れて辛いのは俺だけじゃない。妻だって、今でも俺と一緒に分かち合っている。そう思えたから。

「やっぱりこのマークって、『ラッキー・スマイル』っていうくらいだから運でも呼ぶんですかね」

 親指を立てて笑うと、けいくんがずいと前に顔を突き出してきた。くちびるも突き出ている。

「違うよおじちゃん。そのスマイリーはね、笑顔になる『おまじない』なんだ」

 え? と訊ね返すと、けいくんは大学教授さながら俺の目の前にでんと立ち、講義を続けた。

「笑顔が『しあわせ』を運ぶんだもん。そう歌ってるじゃん」

 そう言って、けいくんはご丁寧にもう一度頭から歌ってくれた。


 ♪♪
 ラッキー・スマイル
 ラッキー・スマイル
 みんなの笑顔はラッキー・スマイル
 しあわせ運ぶよラッキー・スマイル
 どんなにつらく、どんなにくやしく
 どんなにかなしいときだって
 みんながスマイルふりまけば
 世界はにっこり、ハッピー・スマイル
 ラッキー・スマイル
 ラッキー・スマイル
 元気になれるよラッキー・スマイル
 ♪♪


 途中から母親との賑やかな合唱に変わっていた。
 そういえば。俺は今更ながらにあの慌しかった朝の風景を思い出す。
 今朝のゆきな、妙に嬉しそうだったな。あれはこの〝おまじない〟を描いていたからか?
 そんなあいつの気持ちにも気づかず俺は……

 朝飯の用意も出来なかった。
 ゆきなの髪を結んであげることも出来なかった。
 別れ際、もっとゆきなと話せば良かった。
 そうだよ、妻の心配はどんぴしゃり、的中ばかりじゃないか。

 当然ながら、シングルパパにも子育ての限度がある。シングルママも同様かもしれないが。
 俺が至らないばかりに、ゆきなにはいつも寂しい思いや辛い思いをさせている。だが本人はいつも笑って楽しそうにして。そういうところ、ゆきなは妻似なのだろう。
 あの小さな体には色んな想いを抱いているはずなのに。それなのに。

(大好きな人、お父さんやお母さんたちの身体に歌を歌いながらスマイルマークを書くのが流行り出して)

 子供は知っているのだろうか。
 親は時に、子供の優しい想いに触れて胸を熱くすることがあるんだと。

「ありがとう、けいくん」

 言いながら俺は、軽くなった腰を上げた。約束の時間まであと五分。行かなくては。

「おじちゃんも笑顔をふりまいてくるよ」

 そう笑った俺の顔がどんなだったかわからない。ただ、そんな俺に返してくる親子の笑顔がとても眩しかった。


 公園の出入り口で俺たちは別れ、それぞれ反対方向へ向かって歩き出す。
 再び、けいくんの歌声が背中に届いた。思わず顔がほころぶ。
 みんながスマイルふりまけば、か。確かに、笑顔から笑顔が生まれるのだろう。だからそう、俺が笑顔でなければ。
 ゆきな、見ててくれよ。俺は親指を手の内で握り締めて呟いた。

 あの東部長に、とびきりの笑顔を見せてやる。



『笑顔の意味』①へ続く
スポンサーサイト

カテゴリ: 中編

[edit]

TB: 0    CM: 2   

コメント

いやん~♪

泣けました~(@∇@。

情けないパパが、なんだかかっこよく見えてきたじゃないですか(笑

とびきりの笑顔!

最強の武器を手に

さあ。どんな戦いが!?

うふふ。楽しみに、また来ます!!!

らんらら #- | URL【2011/07/27 12:43】edit

>らんららさん♪

いや~ん!泣けちゃいましたか~!嬉しいのです><
ここのシーンなんて。
私、かなり思い入れがあるので(笑)
そう言っていただけるととっても嬉しいのです!ありがとうございます^^

情けないパパさん、頑張りますよ~!!^^

そう、ゆきなちゃんと共に!行け行けー!です♪

いつもありがとうございます><。
本当に嬉しくて嬉しくて。PCの前でニヤニヤしていますよ~!!←

chacha #- | URL【2011/07/27 12:54】edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chachanoblog.blog59.fc2.com/tb.php/34-bfecbc31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。