忘れはしない時と唄

05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

TB: --    CM: --    

【小説】親指スマイル 『二つの再会』② 

君がいなくなったことが辛いんじゃない。

君が今、一人でいるんじゃないかって、そう考えることが辛いんだ。





「……そうだったんですか。すみません、軽はずみなことを」
「いえ、いいんです。もうだいぶ落ち着いてきましたから」

 ほらみろ。おまえのせいだぞ、この気まずい空気。もう一人の俺が耳のそばで説教をたれている。あぁもう、わかっているさ。
 言った後で後悔。そろそろ別れるタイミングかと思ったが、彼女から思いもかけない言葉が贈られた。

「奥様、とっても辛いでしょうね。入江さんと子供を残していってしまって」

 心臓が締め付けられた。
 まさしく今、目の前で妻が俺に向かってそう言ったかのように錯覚してしまった。


 妻は病気を患い、およそ一年間の入院生活後に息をひきとった。
 病室に通う度、妻はよく言ったものだ。あなたとゆきなが心配だわ。だってあなた、なんにも出来ないんだもの。

「ご飯、ちゃんと作ってる?」
「朝の支度は前日の夜にしておくのよ?」
「ゆきなの髪、可愛く結ってあげてね」

 妻の前では、俺もゆきなも同等のように扱われた。わかってるよ、お母さん。

 誰よりも優しく、思いやりがあり、他人に対しては特に心配性だった妻。それでいて、俺の前でも弱みをあまり見せない強い女性だった。入院生活の中でも、俺は妻の涙を一度も見なかったかもしれない。
 ゆきなは、入院中の妻とあまり会うことがなかった。初めて病室にゆきなを連れて行った時、妻は「あまりゆきなをここへ連れてこないで」と釘を打ったからだ。

 もう助からない病気だった。
 妻は後々のことを考えて、特にお世話になる義母へなつくよう配慮したのだろう。会いたい気持ちも、抱きしめたい気持ちも押さえ込んで。

 妻は本当に、ゆきなを愛していた。
 ゆきなも本当に妻を愛していた。
 だが今では、ゆきなは妻との思い出をあまり覚えていないようだ。当然だ、ゆきなはまだ二歳だったのだから。かくいう俺もそうかもしれない。

 妻が亡くなった日、俺は彼女の部屋に入って一人床に座り込んだ。
 この匂いは妻のものだ。
 あの抜けて落ちている髪の毛も妻のものだ。
 壁に掛けてあるコートも、机の上にある小説も、化粧台に揃えてある化粧品も。
 その部屋にないのは、妻そのものだった。

 部屋の匂いが時と共に薄れていくのと同じで、記憶も少しずつぼやけてくる。曖昧なものになってくる。俺はそれが本当に辛かった。
 だが、一番辛かった人物は一体誰だったのだろう?

(ラッキーっていうんだから、今日一日何かいいことあるかもな)

 大久保の言葉が、もう一度俺の耳によみがえる。


 きっと今日は。
 妻に似た彼女から、妻の本音を、隠されていた想いを聞かされる日だったのかもしれない。



『二つの再会』③へ続く
スポンサーサイト

カテゴリ: 中編

[edit]

TB: 0    CM: 2   

コメント

chachaさん、こんばんは。
まだまだお忙しい時期が続いていますか?
私もなかなか忙しく、遊びに来れない時期が続いております。

さてさて、このお話のお二人、ちょっといい感じに接近しているのでしょうか?
ちょっとどきどきします。

ヒロハル #- | URL【2012/02/25 21:49】edit

>ヒロハルさん♪

こんばんわです!
もうもう、私の方こそ!なのですよ~!><
みなさんのところにチラ見すら行けてないのです(涙)
お互い繁忙期でしょうか?
何とかこの山を乗り切って、またゆっくりと交流出来たらと思います^^

さてさて、この二人(笑)
どきどきしますか?うふふ^^
主人公にとっては彼女、奥さんとダブって見えているようで…♪
さてさて…(笑)

お忙しい中、わざわざ足を運んでくださりありがとうございました!
私も時間を上手く作って、ゆっくりと復帰準備を進めたいと思います☆

chacha #- | URL【2012/02/28 22:18】edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chachanoblog.blog59.fc2.com/tb.php/33-086036a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。