忘れはしない時と唄

05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

TB: --    CM: --    

【小説】親指スマイル 『目覚めの歌』① 

俺、二十七歳。娘、四歳。
妻が他界して早二年。

おまえが元気なら俺も元気になれる。おまえの笑顔は俺の笑顔。
ずっと二人で笑っていられるように――




 ♪♪
 ラッキー・スマイル
 ラッキー・スマイル
 みんなの笑顔はラッキー・スマイル
 しあわせ運ぶよラッキー・スマイル
 どんなにつらく、どんなにくやしく
 どんなにかなしいときだって
 みんながスマイルふりまけば
 世界はにっこり、ハッピー・スマイル
 ラッキー・スマイル
 ラッキー・スマイル
 元気になれるよラッキー・スマイル
 ♪♪

 いつもは耳をつんざくほどにうるさい目覚まし時計のアラーム音が、今朝に限っては可愛らしい歌声に取って代わっていた。
 不審に思って、頭までかぶった布団の隙間から声の聞こえる方をこっそり覗くと、娘の『ゆきな』がにこにこ顔で俺の傍らに座っていた。
 眠気まなこでその姿を見つめていると、ゆっくりと頭が起動し始める。
 真っ黒の画面から鮮やかな青色に変わり、中央に文字が現れる。パソコンでいうなら『パスワード入力』と出るところだが、俺の脳内では別の言葉が表示された。

『今はいったい何時でしょう?』

 がばりと布団をめくり上げて飛び起きた。傍らに座ったゆきなは、そんな俺を見てぽかんと口を開けている。
 しかし、すぐさま大きな声をあげて笑い出した。

「パパ! 髪の毛ぼさぼさだぁ~」

 俺は苦笑いしつつ髪を撫でつけると、ゆきなと同じ目線になるよう屈み込んで訊ねる。

「……ゆきなさん? 今朝は、早起きですねぇ?」
「いいえ、パパさん。ゆきなはいつもどおりに起きました」
「では、目覚まし時計は鳴っておりましたか?」

 俺の質問に、ゆきなは大きく縦に頷く。「はい、それでゆきなは目がさめました」
 次の瞬間には、俺は部屋から飛び出していた。

「頼むから起こしてくれっ!」

 今日は早朝会議がある。
 俺は時計を見るのが恐ろしくて、ひとまず朝の支度を超特急で済ましていった。


「もう支度は済んでるのか?」

 聞きながら、靴下だけを持って下りるのを忘れたことに気がついた。また二階へ取りに上がる時間はない。仕方なく、昨日脱衣所に脱ぎ捨てたままの靴下を拾い上げて臭いを嗅いだ。
 うん、まだいけるだろう。

「ゆきなはもう出られるよ!」

 玄関の前に立って両手を上げるゆきな。逆光になってはいたが、彼女が満面の笑みを浮かべているのは手に取るようにわかる。

「あ、ゆきな! 飯食ったのか?」
「サー! イエッサー!!」
「よし、って何食ったんだおまえ」
「食パンやいて食べました! サー!」

 最近は俺よりしっかりしてきたな、こいつ。
 と感心していた俺だったが、いやいや待て待て。

「歯磨きやったのか? はい、口あーん」

 言いながら口を開ける俺に対して、『口を閉じたまま』にっこり笑って頷くゆきな。何ともわかりやすい。
 俺はさっさとゆきなを摘み上げて洗面台まで連れて行った。



『目覚めの歌』②へ続く
スポンサーサイト

カテゴリ: 中編

[edit]

TB: 0    CM: 4   

コメント

chachaさん、こんばんは(*´∀`*)ノ

実はこのお話、途中まで読んだのにコメントのためにまたココに戻って来ちゃいましたw
ゆきなちゃんの素直さ、可愛らしさと、パパさんの愛が伝わってくる、一等素敵なプロローグにのっくあうとなのです(ノ´∀`*)
こんないいお話、今まで後回しにしてきた自分を過去に戻って叱ってやりたいですorz

そしてそして。なんちゅーカワイイ子だ、ゆきなちゃん!一人欲しい!むしろ、下さい!(笑)
うちのワガママ姫にも見習わせたいですよ、トホホ。

まだ途中なのですが、時間的苦労の多い父子家庭の辛さの中に光る愛が素敵で。
何かしょっぱなから、泣くシーンじゃないのにじわっと泣けてしまいました。
また明日続き読みに来ちゃいます♪

ではでは。

土屋マル #- | URL【2011/12/18 22:01】edit

>マルさん♪

こんにちわ♪
お返事遅くなってごめんなさいです;;
家族みんなで仲良く体調崩していました(泣笑)

そしてそして。
こちらの作品、手にとってくださってたなんて!嬉しいのですよ~!^^
なんだか恥ずかしくなるほどのお褒めの言葉がずらずらっと並んでて…キャッ!><
ありがとうございます♪

実はこの作品、ある賞に応募したのですが…見事撃沈orz
このブログでひっそりと、表紙の一部を飾ってもらってます(笑)
だから本当に。マルさんの温かいお言葉が嬉しくって嬉しくって!^^
目の前に居たならば、思わずハグしちゃうほどですよ~♪(迷惑者

いつでも開店していますので、どうぞどうぞ、お気軽にお越しくださいませ~^^
いつもありがとうございます☆

chacha #- | URL【2011/12/21 12:44】edit

ゆきなちゃんがかわいい!v-10

目覚まし娘に一つお持ち帰りです(笑)

恋町小路 #- | URL【2011/12/30 14:26】edit

>恋町小路さん♪

うはは^^
目覚まし娘~ゆきなお持ち帰り決定ですね♪
ありがとうございます!どうぞどうぞ…(ゆきなパパに怒られそう。笑

いつもコメントをありがとうございます☆
年末はバタバタしてお伺い出来なかったこと、本当にすみません。
今年もよろしくお願いします^^

chacha #- | URL【2012/01/02 13:27】edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chachanoblog.blog59.fc2.com/tb.php/23-0f97a6fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。