忘れはしない時と唄

09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

TB: --    CM: --    

【小説】僕の悩み 

僕は悩めるお年頃。

でも、こんな悩み……一体誰に打ち明けたらいいんだろう?



「おーい、さとしー」
 これで五度目。
 僕はその声に無視を決め込んでいた。
 おーい、おーいと何度も声を投げかけてくる。僕の両目の上からだ。
「おぉい。いい加減無視やめろよなーさとしー」
 その言葉に深くため息をつくと、僕は視線を上げた。
 視界には入らない、彼(ら?)の姿。僕の意思とは関係なく、上がったり下がったりして遊んでいる。
 僕の『眉毛』だ。
「さとしー何だよ、悩みごとかー?」
 一体どこでそんな言葉づかいを覚えたのか。
 僕は机に広げていた算数の教科書を閉じると、頬杖をついた。
 正面の壁には小さな窓がある。もう空は夜の景色に変わり、高台に建てられた僕の家からは、星くずをばらまいたような夜景を見渡すことができる。
 イライラした時や、泣きたくなる時。寂しい時。僕はひとりでその景色を眺めることで心を癒していた。だから、今日も宿題をしつつ心を癒していたのに――
「さとしー! さとしってばよー!」
「うるさいっ!」
 ばんっと力任せに机を両手で叩く。その反動で、部屋の中は静寂に満たされた。
 耳に残るしんとした空気。
「……よぉ、何怒ってんだよ」
 窓に映った自分の眉毛は、眉間にしわを寄せて見事な八の字になっていた。情けない顔だ。
 僕は口を尖らして窓越しに眉毛をにらみつける。
「別に。怒ってなんかないよ」
「だったら何だよ、その態度はよー」
「…………」
「ちっ。冷てーなぁおい。さとしとはそれこそ十年来の付き合いだってのによ」
 ふんっと鼻息(?)荒く、今度は眉尻を吊り上げた。怒りの表れなのだろう。
 僕は実際のところ、本当に怒ってなんかいなかった。ただ、ずっとずっと、長い間悩んでいることがある。
「おまえには言ってもわからないよ」
 俯いて、声を小さくして訴える。
「僕のこと、何にも知らないくせに」
 泣き言のようにとられるのが悔しくて、声に怒気を込めて言った。でもそれとは裏腹に、自分の瞳が涙に濡れているのがわかる。
 そんな僕の様子に気づいたのか。ふぅと大げさなため息が降ってきた。
「さとし、ごめんな」
 眉毛の態度が一変した。
 顔を上げると、窓に映った自分の眉毛が一文字に真っ直ぐと伸びていた。姿勢を正して僕を見つめているのだ。
「俺が……あれだろ? 眉毛のくせにベラベラと喋ったりするから、さとしも迷惑してるんだよな。ごめんな」
 そう言って、また眉尻を下げた。今度は悲しみを表しているのかもしれない。
 僕は頬を伝った涙を拭って、窓越しに眉毛を見上げた。
「……さとしのことは、何でも知ってるつもりなんだけどなー」
 え? と僕が首をかしげると、眉毛はうねうねと毛虫が這うような形になった。
「悩みがあっても絶対誰にも相談しないよな。独りでうじうじ悩んでよ。変わらないっていうか」

 眉毛が僕に初めて声をかけてきたのは、二年生に上がったばかりの頃だった。
 学校の友達と喧嘩をしたことや、テストの点数が悪かったことや、授業中先生に怒られたことなんかは、お母さんにもお父さんにも話し辛かった。
 家の一部を床屋として開放している為に、二人とも夜遅くまで共働き。僕のことで心配をかけたくなかった。だから黙っていた。
 黙って、こうしてひとり部屋から外の景色を眺めていた。
 気が付いたら、涙で頬が濡れていることが多かった。我慢していると、自分でも気づいていた。でも、それでも迷惑はかけたくない。
 そんな時、『眉毛』が声をかけてきたのだ。
 最初は幻聴だと思った。思いたかった。寂しくて、悲しさに打ちひしがれて、僕は聞こえもしない声を聞いているんだと。
 でも、鏡越しに見た自分の眉毛が、自分の意思とは全く異なる動きをしていたのだ。
「毎日毎日、辛気臭ぇなーさとしはよー」
 ぽっかりと口を開けて驚いていた僕に、初めてかけてきた言葉だった。

「これはずっと、さとしには黙っていよーかと思ってたんだけどさ」
 眉毛が神妙にかしこまって続けた。
「さとしが寝入った後に、夜毎さとしの父ちゃんと母ちゃん、寝顔を見に来てんだよ」
 そう言われて、僕はその光景を思い描いた。すると、次第に胸の内側から熱いものが込み上げてきた。
「今日も一日大きな怪我もなく、大きな病気にかかることもなく、元気でいてくれてありがとう。笑顔をありがとう。そう言って、さとしの布団を掛け直して部屋を出ていってんだ。あの時の優しい声と顔を見たら、そりゃあ俺も黙っていられねーんだよ。親は子どものことをいつも一番に考えているってのにさ」
 そして、また眉毛は僕の意思とは関係なく八の字になった。
 僕はその話を聞いて、いつの間にかぼろぼろと涙をこぼしていた。そんなことがあったんだ。そんなことが、毎日行われていたんだ。知らなかった……
「さとしは愛されてるなぁ」
 ぽつりと呟いた眉毛の言葉で、僕は流した涙を手の甲で拭った。
 目を細めて、眉毛を窓越しに見つめた。
「ありがとう、教えてくれて」
「な、なんだよ。礼なんていいよ、照れ臭ぇなー」
「僕、もっとお父さんとお母さんに甘えてもいいんだよね?」
「当たり前だろー。さとしはまだまだ子どもなんだしな、じゃんじゃん頼って甘えていいんだよ」
 眉毛はそう言って高らかに笑った。
「俺にももっと甘えろよー」
 そう言って、また笑った。

 ちょっと変わった僕の友達。
 時には口うるさく、時には慰めてくれる僕の眉毛。
 悩み多き年頃の僕を、一心同体となって支えてくれる彼に心から感謝をしている。

 だけど、一つだけ。
 ずっとずっと、長い間悩んでいることがあるんだ。

 十年来の付き合いだっていうのに、僕のことを何でも知っていると言い張るのに。
 いつまで経っても間違えてる。

 僕の名前は「さとる」なんだってば。





-了-


スポンサーサイト

カテゴリ: ショート

[edit]

TB: 0    CM: 8   

コメント

まさかのw

chachaさんこんにちは!
まさかの喋る眉毛!?っと思ったら、途中じーんとして、あれ?イイ話?と思ったら最後の最後で「おい眉毛!!」とツっこんでしまいました(笑)流石chachaさんです!
最後の落とし方がクセになります(笑)

かいり #H6hNXAII | URL【2011/06/05 16:45】edit

>かいりさん♪

かいりさん、こんばんわです^^
まさかまさかの眉毛さんです(笑)本当、へんてこ設定大好きなものですから♪ぷぷぷ
オチを長々と引っ張ってみました^^ツッコミ、有り難いのです♪
いつになったら眉毛は気付いてくれるんでしょうね…(笑)
コメントありがとうございました☆

chacha #- | URL【2011/06/06 22:44】edit

No title

しゃべる眉毛ってすばらしい発想ですね。
ど根性爬虫類とはまた違う発想でいいですね。
こういう発想が出るのがうらやましいと率直に思いますね。

LandM(才条 蓮) #19fPlKYU | URL【2011/06/17 08:24】edit

>才条 蓮さん♪

お返事遅くなりましてすみません!><

ええ、喋るのですよ、眉毛が(笑)
なんだかくだらない発想ばっかりしてる自分がおります。そして密かに、眉毛にしようか頭髪にしようか迷ったのも事実です。実にくだらない悩み(笑)

いつもコメントをありがとうございます!
そしてこちらが毎度毎度遅れがってになってしまいましてすみません~!><

chacha #- | URL【2011/06/20 12:52】edit

最後が‥‥www

chachaさん、こんばんは(*´∀`*)ノ
今日もお邪魔しています。

コメディーに見せかけて実はイイ話なのか~上手いな~、っと思って読み進めていったら‥‥
最後の一行で思いっきり吹きましたwww
落とし方がとても上手い!
ちょうどウーロン茶を飲んでいたところだったので、もう少しでpc画面に吹くところでしたwww

お話の緩急というか、オチに持っていくまでの流れ、最後の一行を
際立たせるテクニックが、私とは段違いです。
ホロリとさせる場面も、私にはない優しいやわらかい文章で綴られていて‥‥完敗だっorz
とっても素敵なお話でした(*´∀`*)

あ、そうだ、リンクを、どうもありがとうございました^^;
私の方からも、リンクしてもいいでしょうか?

土屋マル #- | URL【2011/06/25 21:06】edit

>土屋マルさん♪

うわわっ!!
こちらのコメント見落としておりました><;

オチ上手いとは、ショートを書く身としましてはとっても嬉しいお言葉です♪
そう、眉毛とボクとの斬新なコントネタ…(え
眉毛は一体いつになったら気付くのか。いや、おそらくずっと気付かないのだろう…なんて私が言ってしまったらそこまでなんですが^^;

良かった良かった。ウーロン茶まみれのPCにならなくて(笑)
今度こそ、それを狙ってがんばります! ←
本当に有り難いお言葉ばかりをありがとうございます~^^
サービスで脱いじゃいますよっ(いらんし

リンク、勝手ながら先に貼らせていただきました><
どうぞどうぞ、こんなブログですが持って帰ってください~♪
ありがとうございます☆

chacha #- | URL【2011/06/28 09:15】edit

うはは!

まさかの、名前違い!
だめ、笑える。さっき読んだ靄の怖さが、だいぶ吹き飛びました(笑
てっきり、自分の意思とは関係なく動いちゃう眉毛が悩みだと思ったのに。
それはちゃんと受け入れていて、それは大丈夫で。
両親との関係も、眉毛のおかげでよくなっていきそうなこの感動の場面に。
もう親友とも兄弟とも言える眉毛が!
名前間違い。……ぷぷっぶふふふはははははーっっ!!
それは、言い出せない。
なかなか言えない。
言った後の微妙な雰囲気を考えるとっ。

いやぁ、わらかせて頂きました^^
楽しかったです~♪


お忙しいところ、3話分もコメントしちゃってすみませんっm--m
流してください、もう、さらっとスルーしてください。

このお話で多分全制覇出来たと思うので、夢術師さまに追いすがりに行こうかと^^
ではでは、失礼致しましたm--m

kazu osino #7av6LuR2 | URL【2011/08/05 14:10】edit

>kazuさん♪

わーい♪kazuさんが笑ってくれた~い^^
そうなんです。このコメディ話、笑える部分は結局最後の一行のみ。
もう、そこ目指してあの手この手で話を盛り上げてみました(笑)
私だったらどうだろう…この眉毛、ちょっと面倒くさそうだし。言えないなぁ…@@; ←
kazuさんだったらツッコめます?^^なんだかツッコミ上手なイメージがあります(笑)うふふ~♪

そしてそして!
一気に3話も読破していただきまして、本当にありがとうございます!!><。
お忙しい中、有り難いのです~;;
私も更新追っかけますからね~♪美弥ちゃんと佐久間く~ん♪いや、私は要くんが…じゅる。←

chacha #- | URL【2011/08/07 15:53】edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chachanoblog.blog59.fc2.com/tb.php/10-e2b55a41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。